優光泉 成分

優光泉に含まれる成分は多様なもので、アミノ酸だけでも15種類以上も含まれています。この中にはロイシンやイソロイシンのように、筋肉を強化するために必要な栄養分まで含まれることがポイントです。旨味を構成するグルタミン酸は、100gの割合に対して24mgが含まれています。さらに、トリプトファンやアルギニンも含まれており、不規則な食生活で不足させやすい栄養分の宝庫となっています。

発酵の技術で作られていることもあり、優光泉には有機酸の一種となる成分も多量に含まれています。100gの分量に対して、クエン酸は46mgも含まれることから、疲労回復のためにもなる飲料です。リンゴ酸やコハク酸も含むことで、複雑な酸味を作り出していることも重要です。有機酸が豊富であっても、酸味が強すぎて飲みにくくならないのは、高度な発酵技術で醸された風味を出しているためです。

優光泉に含まれるビタミン類は5種類で構成されており、美容に欠かせないビタミンCが代表的な役割を担っています。さらには、補酵素として働くビタミンB1が含まれることも特徴です。無機質の種類はビタミンよりも多く、全部で10種類も含まれる内容です。100gの分量に対して、カリウムは76.26mgも含まれています。カルシウムや亜鉛のように、普段の食事で不足させやすいミネラルもバランスよく含まれ、総合的な健康を支える内容が充実しています。

一般成分としての表示では、タンパク質は100g中に0.25mgが含まれています。糖度は55.7度もあるため、相当に濃縮していることを意味していますが、水などで割ればちょうどいい味わいになるので大丈夫です。その他には糖質や脂質も含まれるため、三大栄養素は全ての種類が入っていることになります。

優光泉の成分の中で、象徴的な役割を担っているのは酵素です。酵素飲料と呼ばれる所以ですが、酵素を多くするために使われる材料の種類は相当な数になります。九州産の野菜や果物を中心にして使われ、全ての栄養分を凝縮した形になっています。酵素や栄養分の働きにより、飲んだ後に体が冷えにくいのも特徴です。

成分の中には、体にとって負担になるようなものは含まれていません。糖度は相当に高いですが、砂糖は全く使われていません。ハチミツや香料も加えることがないため、澄み切った味わいになります。食品衛生試験を行っていることもあり、安全性も極めて高い酵素飲料です。